今日は忙しい時と、暇な時の差が激しい1日だった。

朝、伊賀上野の和菓子工房まっちんが来てくれて、ゆっくりいろいろ話す。
同じ年代でお店をやっている者同士、共感するところが多い。
マサヲ氏に「演出の大切さ」を説明されて、二人してフムフムと考えさせられる。
分かってはいるけど、実践できない事がまだまだ多い。
地に足つくまでは、まだまだかかる。これから、これから。

あっという間に夕方。
帰り際、2階へと続く階段に腰掛けて
矢野顕子の『ばらの花』を聴く。良いんだな~。この歌。。。

  最終バスに乗り過ごしてもう君に会えない
  あんなに近づいたのに遠くなっていく

  安心な僕らは旅に出ようぜ
  思いきり泣いたり笑ったりしようぜ

と、一人胸をキュンさせて早めに家路につく。
今日はアポロさん2歳の誕生日なので、ささやかなお祝い。
おっちゃんと、家から5分のMASUTEIというレストランにご馳走を食べに行く。
# by mamepanapollo | 2005-04-24 18:04
今日は良く働いた。朝から本当にたくさんの人が来てくれた。
2階もたくさんの人が見てくれた。ただ、ただ『嬉しい。』の一言・・・

陶芸の松島さんからアポロ2周年記念に、アポロのロゴ入り陶器のコーヒーメーカーをプレゼント。おっちゃんと二人嬉しさのあまり絶叫。
陶器で入れると、泡が細かくフワーッと仕上る。美味い珈琲をお楽しみに。

グループ展仲間のマサヲ氏が、「旅遊びの時間」に販売する商品が完成したのでを持ってきてくれる。自分のデザインした物が商品になるなんて初めての経験なので感激してしまう。なかなかの出来栄え。自我自賛。

朝の時間、常連さんと色々話す。やっと2年経つけど、商売のことは、まだまだ分かってなと・・・反省。越えなければいけないハードル。でもこんな事を正直に話せる人がいるってこと、かけがえの無い、私の財産。
石の上にも3年と言うが、まだまだこれから。3年目もやってくよー。アポロらしく・・・のんびりと。道楽パン屋。
# by mamepanapollo | 2005-04-23 19:21
郵便局の帰り道、田んぼの畦道でレンゲを摘む。
子供の頃は、もっといっぱいあちこちに咲いていた小さな花。
母と一緒に冠や首飾りをつくって遊んだ。そう、ちょうど娘と同じ年の頃。
今でもおぼろげに覚えている。ピンクのレンゲの中にほんの一握りしかない、
白いレンゲの花。それを探すのに夢中になっていた。
春の田んぼの匂いがする。摘んだレンゲを店の玄関に飾る。

ひとつの事が終わったら、また新しい事をしたくなってきた。
いろいろ、ごそごそ、構想を練る。楽しい瞬間。

きれいな夕日を今日も見ようと6時前に店をあがる。
5階の我家は一時、金色に染まる。きれいな、瞬間。
山に帰っていく太陽を眺める。『帰るところがあるから旅に出れる』と2階に置いてる葉書に書いてくれた人がいる。そうだなーと、しみじみ思う。

こんな風に1日、1日をを終えれたら良いな。
# by mamepanapollo | 2005-04-22 18:15
気持ちの良いお天気。気持ちの良い風が吹く一日。
朝からいつもの常連のおっちゃんから、
「8枚切りとっといて」と電話が入る。
おっちゃん達は決まって、自分の名前を名乗らない。いきなり用件を言ってくる。
でも私はそんな、我が道行くおちゃめなおっちゃん達が好きだ。

2階でやってる『空想エアメール展』を楽しみに見に来てくれる人達がいる。
下にいる私はドキドキ。みんなどんな風に見てくれてるんだろ?
どんな風に思ってるんだろ?
降りてきて「良かったー。」という声をもらうとすごく嬉しい。

今日は家でご飯の日なので、5時に店をあがる。
昨日大和の地鶏を買ったので、それを塩・胡椒してオリーブオイルかけてオーブンで焼く。
窓を開け放つと、なんだか、もう初夏の匂いがする。
良い季節だなー。
ベランダの階段に座って西の空見る。風が気持ち良い。
チビがばあちゃん家から帰ってくる。父さん帰ってくるまで一緒に月見て待つ。
# by mamepanapollo | 2005-04-21 17:39
寝る前に、おっちゃんに
「また、一週間がはじまる。」と、ぼそっと言ったら、
「しょい込むな。」と言って、頭をぐちゃぐちゃと撫でてくれた。
ベットでふと思った。『水のように』
確かに私はストレスをよく背負い込む。でも、ストレスは生きてる間中、ずっとつきまとう。ストレス受けても、身体の中に水が流れて行くように、流していかないと、ダメだなーと思った。

お昼は、そば楽で久しぶりにざるそばを食べた後、昨日借りたビデオ「水の女」を見る。
その後一人ぐだぐだと昼寝、起きたらもう夕方。
居間ではゴトゴト音がする。
旦那が一目ぼれして買った業務用ミシンが、今日我家にやってきた。
それに伴う模様替えを、チビと二人ごそごそとやっている。
嬉しくて嬉しくてたまらないようだ。
私がヌボーっと起きて行くと、、、部屋の中はえらい事に・・・・
見ていると疲れるので退散する。

なんだか寝起きが悪い。1時間くらいで起きれば良かったのだが、
つい、ダラダラと夢をみて寝てしまった。
嬉しくてたまらない人と、寝起きで機嫌悪い私。。
今日は雨降りで湿気が高い。
だらけた体にライムのぺリエがしみこんで行く。
# by mamepanapollo | 2005-04-20 17:18
普通ってなんだろ?
普通というのは、何を基準にするんだろ?
「普通のパンは無いの?」という言葉だけが頭に残る。。
普通のパン。普通の形。
人それぞれ違うから、作る人によってパンの形も変わっていくのは当たり前の事と思ってる。その形になったのは、それなりに意味があって、そのパンが一番おいしく感じるように思考錯誤して考えた形。

てな事を午前中は悶々と考えたけど、自分が本当に良いと思うモノを売ってるから、何が普通かなんて、もうどうでもいいや。
なにものにも、とらわれない。
アポロのパンを買いに来てくれる人達が、今日もたくさんいる。
それが答え、それで充分。他は何も要らない。

言葉というのはやっぱり生きているんだなーと思った。『言葉の大切さ』
ちょっとした言葉で傷ついて、ちょっとした言葉で勇気付けられる。
あったかい言葉を使う人になりたいなー。
# by mamepanapollo | 2005-04-19 18:39
いよいよ、今日から空想エアメール展。
少し遅れて搬入予定だったゆうじゅさんが、10時前に搬入を完了。
よって全員揃ってスタートすることができた。
ちゃんと、見に来てくれるかな~、と心配。。。
何人かの常連さんが、ちゃんと初日を覚えてくれてて駆けつけてくれる。
まだ、私もゆっくり見ていないので、2階に行きたくて、行きたくてしかたがないのだがそんな日に限って、お店が忙しい。空いた時間に、少しづつ、少しづつ見ていく。

良い感じ。異空間への誘い。

「ふぅー」と気が抜けた。
でも、またすぐに絵とか、文とか書きたいという気持ちになった。
音楽でも絵でも文章でも踊りでも、どんな事でも自分を表現するということは、楽しい事だと思った。私の場合は、書く事によって表現しているのと同時に、心の中を掃除しているような気がする。この日記にしても、書いたら心の中がすーっとする。
だから、毎日書いているのかもしれない。
# by mamepanapollo | 2005-04-18 18:05
本日、空想エアメール展搬入日。
10時ギリギリまで、文章直しに徹する。
とりあえず、形になった。自分ひとりだと、ちっぽけだけど、みんな集まると面白い。
天気も良くって、本当に良かった。うちのチビさんもエプロンして張り切っていた。
おっちゃんは、私達の作業している脇で気持ち良さそうに昼寝していた。
とにかく、みんなお疲れさま。ありがとう。

昨日の憂鬱もふっとんだ。
訳の分からん憂鬱だったけど、やっぱり訳はあるのであって、
私はどうやら人の気というか、そういうものを受けやすい。
昨日はドヨーンとした重たい気をまともに受けてしまった。
それを受けないように、受けないようにとしていたのだけど逆効果だった。
夜には、疲れ果てて精魂尽き果てた婆のようだった。

しかし、復活。
眠って、食べて、笑ってという単純な事が、そんなダメージを救ってくれる。
チビのほっぺも私を救ってくれる。
# by mamepanapollo | 2005-04-17 16:13