朝5時に目がさめる。今日は仕事おやすみの日。みんなはまだまだ夢の中なので、ひとりでゆっくりヨガでもしてみる。
休みの日はおっちゃんがチビを幼稚園に送って行く。今日は絵本当番。これもおっちゃんが行ってくれるので、かなり救われる。今日はそれぞれに予定があって、夕方まで別行動。

昼寝している二人をおいて、ジェラート片手に郡山の街の写真を撮る。なんだか、旅行気分。高校時代には分からなかったこの街の魅力が、結婚して子を育てて初めて分かった。古くて魅力的な建物がまだまだたくさん残っているけど、どんどん壊して建売や駐車場になってく。それらを見るのはやっぱり心痛い。

古い建物に誰も住まなくなって、蔦が絡まって、屋根が波打って、傾いていってる姿に私は美しさを感じる。見ていてゾクゾクする。時間が止まっているようだ。アポロの建物がそうだった。あの古いボロボロの建物の中に初めて入った時、奥の小さな庭に一筋の光が差しこんでいた。はっとする美しさだった。

昔の建物には、朽ちていく美しさというのがある。
# by mamepanapollo | 2005-06-01 20:55
5月も今日で最後。チビが幼稚園から真っ赤な顔して帰ってくる。湿気は少ないが日差しは夏のよう。車で売りに来る豆腐屋さんの鐘の音「チリン。チリン。」こんな日は、冷奴が食べたいので、小銭を握り締めて買いに行く。家から持ってきたお弁当と冷奴の昼ご飯。ムシャムシャ食べる。食べてたらいつもの常連さん達大集合。相変わらず面白い。

お客さんの流れが夏バージョンになってきた。2時から4時まで暇になる。しーんと静まり返った郡山の街。

今日は2階で30分お昼寝する。下でおっちゃんが奄美の島唄を流している。ここは何処や?気持ち良すぎていくらでも眠れそう。本当に夏はすぐそこ。
帰りに針に行く。全身に針とお灸。終わった後はポッカポッカで血の巡りが良い。澱みの無い身体はそれだけで気持ちが良い。やっぱり流れてないといけないんだ。それは、どんな事にでも言える。流れのままに・・・やっていこう。
# by mamepanapollo | 2005-05-31 22:10
祭りの後、いつものアポロさん。いつもの月曜日。
疲れ知らずの身体に自分自身もびっくり。。
なんともおだやかな朝、昨日ゆうじゅさんに貸してもらった『ウクレレジブリ』を聞きながら飲むコーヒーは格別。

チビを幼稚園に送って行く途中、上靴とコップと名札を忘れた事に気が付く。焦る私に、チビが「もういいわ。先生にぜーんぶ忘れましたって言っとくから。」と・・・・。店に戻り、しょぼんりおっちゃんに言うと、手があいた時に家に戻って忘れ物を幼稚園に届けてくれた。父は優しい。ママは仕方がない忘れん坊。

今日は雨がふったり、止んだり。お店はスロー、暇なので2階に昼寝しに行こうと思うとお客さん。不思議な現象・・・・寝るのはあきらめ、アポロ通信6月号の原稿を考える。ほんとに時が経つのが早いんだから。

早めに店をあがって、図書館に行く。今日は地蔵入門という本を借りた。あと、楽園の本も。
# by mamepanapollo | 2005-05-30 18:46
天気晴れ。10時からいちにちマーケット。
アシスタントに、Nさん(コンビニ1時間に100人レジ打ちをこなす達人)。
10時スタートが凄かった、小さなアポロに長蛇の列が・・・本当にびっくり。まっちんは想像していたとおり即完売だったらしい。恐るべしまっちんパワー。
2階のそうそうたる人々の恩恵にあやかり、パンも4時には完売。
みんなを見送るまではテンションが上がりっぱなしだったけど、家に帰って風呂に入りご飯を食べたら、一気にガックときた。足がガクガク、でも清々しい爽快感。

窓の外、吹く風はもう夏のよう。今日はみんな揃って早く寝る。しあわせ・・・
# by mamepanapollo | 2005-05-29 19:52
明日はいよいよ「いちにちマーケット」で2階は続々と搬入。私達も準備に忙しい。なんだか気が高ぶって学園祭の前の日みたい。学生の時でもこんな気分にならなかったのにな~っと思いながら・・・青春アポロ。
おやじは夜中12時に起きると言っていた。

参加メンバーたち

松島 誠司  (うつわ 土鍋 )

EARTH COLOR  (エプロン・バック・キッチン小物・洋服 )

LOCOCO (お花・観葉植物・鉢 ) 

BAGEL (オリジナル親子Tシャツ・雑貨 )

楽葉人  (刺繍布小物・鍵あみバック)

STUDIO みみ (皮小物・布小物)

和菓子工房 まっちん (わらび餅 わらび饅頭 くるみ大福)

菓子ゆうじゅ  (クッキー・ロールケーキ・季節の焼き菓子)
# by mamepanapollo | 2005-05-28 21:45
朝から花粉症の症状。どうしたことか、薬を飲むと一気に眠い。
あっという間に時間が過ぎて行く。きっと平和なんだろう。。気がつくと夕方。
図書館で借りた本「天才になる」荒木経惟を少しだけ読む。これ、面白いかなり。『天才は誰でももっているんだよ。それを自分だけじゃ引っ張り出せないから、誰かが引っ張り出してくれる。』っていうページをおっちゃんの所に持っていき、「なっ、ちょっと、これ読んでみ。」と。

前に「普通のパンないんですか?」って言われて凄く考えさせられたけど、この世の中に普通なんてモノは無いんだ。『普通の人』がいるんなら見てみたい。だから、彼が言うようにみんな天才の要素を持っているだ、てな事を今日は思った。

なんだか、眠くて頭があんまり働かない。これから実家に行って、弟の子供の誕生日のケーキを焼かなければ・・・久しぶりの腕の見せ所。アポロのハチミツシフォンはおっちゃんに、実権を委ねてしまったからな。昔は週に2回くらいはシフォンケーキを作ってた。オーブンの外から膨らむ姿を見るのが楽しくて楽しくて仕方なかったな~。
# by mamepanapollo | 2005-05-27 18:54
早朝、本当にびっくり。
おっちゃんが目覚ましかけるの忘れて、30分遅刻。4時ごろ急いで店に向って行った。

チビの幼稚園の参観。8時過ぎに送って行って、ひとまず店に戻り準備を整えて急いで参観。とにかくバタバタである。今日はいろんな道具を使って、大きな紙に絵をかいた。これは、楽しい。家でもベランダでやってみようと思った。たわしやスポンジに絵の具を含ませ、いろんな模様を作る。親子で一緒のダンスが無くて良かったと胸をなでおろす。

昼頃から忙しくなる。日差しがきつくて夏のよう。しかし、湿気がなくて風が気持ち良い。こんな季節は大好き。健ちゃんのお茶を使っての新作成功。お茶と花豆の蒸しパン。おちゃんと二人して味見「美味いな。天才やな。」と自分達を褒め称える。

夕方早目に店をあがる。眠いので少しだけと思って横になったのが悪かった。もはや再起不能。鉛のような身体を引きずり、実家にチビを迎えに行く。夜、実家からの帰り道、火の玉らしきものを見た。花火ではないし、大きさ的に火の玉みたいに大きかった。一体何なんだろう?フワーッと飛んで途中で消えた。不思議といっこも恐くなかったのだ。
# by mamepanapollo | 2005-05-26 19:26
チビを幼稚園に送っていてから、おっちゃんと一緒にならやま大通りのAIDAさんへパンを納品。9時半オープンなのに少々遅刻してしまう。到着すると続々とお客さん。私達はパンを渡したら後はお客さんに変身。なんとも極楽気分。木々が生い茂る気持ちの良い店内には、雑貨や器などがセンスよく並べられて、大きな籠になんともカッコ良くアポロのパンが盛られていた。これまたディスプレイの勉強になる。ついでにコーヒーをご馳走になる。木漏れ日の中で木の椅子に座って、まるで高原避暑地のようで雑誌を見たり話したりでゆっくりとくつろがせてもらった。なんとも贅沢なひととき。スタッフの人達がまたみんな素敵なんだな。こんな、素敵な場所にパンを置いてもらって、本当にパンも喜んでいる。並んでいるパンを見てそう思った。

その後おっちゃんに車で近鉄奈良まで送ってもらう。しばし一人きりのショッピングと思いきや、結局買ったものといえば、カラーリングの液だけ。。立ち読みしたり、ランチを食べたり。しかし、今日のランチは良かった。奈良ビブレのすぐ近くの路地奥にある「ごはん屋」。町屋を改装した定食屋さんで味も雰囲気も本当に良かった。活気があって、また行きたいと思わせるお店。お腹も満足して、そのままウクレレを習いに行く。ちょっと教えてもらっただけなのに、凄く上達する。やっぱり、私には独学は無理だわ。帰ってチビがマンション前のブランコに乗ってる間、横で気持ち良くウクレレを弾く。最高に気持ちが良い。気分はアロハ~。
# by mamepanapollo | 2005-05-25 21:40