2週間治まってた頭痛が再来。
夜中3時に目が覚める。首を温めたり、オイルマッサージしてみるが効果無し。
仕方ないので、薬飲んで散歩でもする。
雨がちらつくので、そのままアポロに行って
コーヒー飲んで空想エアメールの絵を一枚仕上げる。
家に帰ってみんなで朝ご飯食べると眠くなり、
そのままホットカーペットの上で寝る。
幼稚園を休んでいる娘が、私の手をさすったり髪の毛をといたりしている。
気持ちが好い。夢ごごち。

昼はいつもの蕎麦屋、そば楽へ行く。
その後、おっちゃんは確定申告の書類つくり。
昼寝するチビをまかせ、そのまま1人銭湯へ行ってサウナで汗をかく。
いっぱい毒がでる。そんな気がする。
なんでいつもため込むのだろう。
そしたら、頭痛も無くなり、身体も軽くなった。

今日は春の匂いがする。
春の匂いは、せつないなぁ。
# by mamepanapollo | 2005-02-23 16:36
朝作った、人参とチーズのポタージュがたくさん出る。
冬はやっぱりあったかいスープがおいしいなぁ。

Amazonで注文した本とCDが届く。
荒木 経惟 の「センチメンタルな旅・冬の旅」と
はっぴぃえんどの「風街ろまん」
センチメンタルな・・は前に貸し本屋さんで見て
涙をこらえるのが大変だった一冊。
今回中古が出ていたので即買い。
これを見たらアラーキーはただのエロおやじじゃなくて天才だと思う。

写真は真実を写すというが、まさにその通り。
彼の撮る陽子さんは美しく儚くそして悲しい。
見るものの心が動く。心の底がぐっとなる。
相方に「今見たらやばいでー。」と忠告。
彼は涙もろい。

青空広がる中で聞く、はっぴぃえんども最高。
日本語オンリーでロックを歌う彼らも天才だと思う。
~風をあつめて蒼空を翔けたいんです~
私も70年代に青春を迎えたかったな。

という訳で今日もアポロは好い風が吹いてます。

帰り道に泣けるくらいきれいなお月さんひとつ。
# by mamepanapollo | 2005-02-22 18:46
朝、玄関の扉を開けると青空がぱぁーと広がり
暖かい太陽がでていた。
それだけの事だけど、なんだかうれしい。
一日楽しく働ける気がする。

夕方母から電話が入る。
チビの熱が上がってきたとの事。
相方に店を任せ、病院に連れて行く。
もしかしたら、インフルエンザかも・・・
2時間まってようやく診察。とりあえず、ただの風邪。

この前のいとこの結婚式以来、うちの親戚一同
ほぼ7割方インフルエンザになっている。
そのなかで、なっていないのは幸運かもしれない。

病院は疲れる。帰ってきて相方が剥いたリンゴを食べ
ビタミンCを飲み、コトンと寝むる。
いっぱい夢を見る。
# by mamepanapollo | 2005-02-22 05:49
寒いし、風は強いし、チビは風邪なので
家でゆっくりする。
途中ふたりがお昼寝中に、
今度空想エアメールで使う写真を平城旧跡に撮りに行く。
まわりは家族連れで、凧上げとか犬の散歩とかしている。
そんな中、1人木や空の写真を撮る。
寒さが身にしみる。

昼も夜も家でごはん。やっぱり一番これがおいしい。

図書館でいっぱい本借りる。
風呂で田口ランディの「ほつれとむすぼれ」読む。
ぱっと借りた本なのに、自分とシンクロしていて面白かった。

私も20ぐらいの時、すごくリアルな歯が抜ける夢をよく見ていたこと。
ニーナ・シモンの「ピアノと私」というCDを持っていること。
最近坂口安吾を読んだ事。
岡本太郎の撮った写真に興味があること。
低気圧に弱い事。

よく似た事を考えてるなーと思った。
たまに、ふっと取った本がこんな風な事がある。
# by mamepanapollo | 2005-02-20 20:12
男の人は女の人より、デリケートで傷つきやすいという事を
分かっておかなければなぁ、と思った。

お天気良くないのに、今日も近くの、遠くのお客さんたくさん来てくれる。
本当に、ありがとう。

一つの曲を聴いただけで、ふっとフラッシュバックする。
久々にスピッツを聞いたら、7年前にタイムスリップ。
相方を残し、単身でフィレンツェに1ヶ月間行ったときの事。

離れて、始めて見えた事があった。
近すぎて見えない事があった。
答は近くにあるんだけど、でもそれは何もしないと見えなくて
あがいて、悩んでやっと見つけ出せるものだった。

答は私の心の中・・・

相方は、夕方に店を抜けて近くの銭湯に行っている。
単純なのが一番良いのかもしれない。
# by mamepanapollo | 2005-02-19 05:00
朝あんなに青空だったのに昼過ぎから、どんよりして
雨が降りだす。
いつもは、こんな天気の時は必ずあった頭痛がないので
変な感じがする。自分の身体じゃないみたい。
天気予報ももう、おしまい。

昼前にチビさん熱出して、幼稚園早引き。
ばあちゃんが、車で迎えに来てくれるが
「ママが良いのよー。」
と大きな声で泣く。
ここにはキャンプ用のシュラフしかない。
抱っこして背中をぽんぽんしながら、
風邪はぬくぬくの布団で、いっぱい寝ないと治らないと
言い聞かす。
ばあちゃんに抱っこされ、顔を上げずにバイバイ。
せつないなー。
# by mamepanapollo | 2005-02-19 04:55
自分は強いかもと、と一瞬思ったけど
そんなのは、まやかしだった。
ひょんな事から、また弱い私がでてきた。

チビさんが体調を崩す。

春が待ち遠しい。
春が来たら新しい事が始まりそうな気がする。
# by mamepanapollo | 2005-02-17 18:17
定休日と言うのに、四時半頃に目が覚める。
起きてみるが、する事もないので散歩に出る。
天気が悪いのでアポロまでプラプラと・・

コーヒーを淹れる。
コーヒーを飲みながら、一筋の煙を見つめる。
それは誰にも邪魔されない静かで、ゆっくりとした美しい時間。

私の中の何かが変化している。
1本の煙の様に、流れる水のように
何かが動いている。
身体と同じく、こころも変化の時かも知れない。

その後、チビさんが幼稚園に行った後
ゆららの湯で温泉・塩サウナ三昧でした。
# by mamepanapollo | 2005-02-17 05:11