今日の空は、めちゃくちゃ澄んでいる。
一面の青い空。
夕方5時過ぎに店をあがる。
自転車こいで家までの帰り道。
うっとりするくらい、廻りの景色がきれい。
空の色でこんなにも変るのかと。。
まるで、人の心のよう。

西日がキラキラと部屋の中に入ってきて、その中で夕食の準備をする。
お土産に、山で自生しているクレソンを頂いた。
お昼にパンに挟んで食べたらすごく美味しかった。
さて、夕食でどのように使おうか?

蒸しパンを、蒸していたら指を湯気で火傷する。
今になって、ヒリヒリ。湯気は危ない。注意。
湯気の力。
蒸すとやさしい味がする。東洋の料理法。
おやつに売場から失敬して食べた、豆乳蒸しパンは我ながら美味かった。

人の意見を聞いて少し迷ったり。。。
でも、やっぱり自分が思うようにやっていく。
今までどおり、そしてこの先もずっと・・・
# by mamepanapollo | 2005-04-04 18:09
起きたら雨。店は休み。
朝一番HP更新用原稿と写真をWEBマスターに送る。

ゆっくり朝食。
チビさんは幼稚園もアポロも休みなので大はしゃぎ。
高いテンションに苦笑い。

午前中チビさんと旦那が近くの温水プールに行く。
ママが製作活動に専念出来るようにと、もはや逃げ場なし・・・
10時ごろ郡山城で花火が上がる。今日はお祭り。

作品を入れる透明の額を奈良まで買いに行く。
買物を済ませると、足は勝手にヴィレッジヴァンガードに向かう。
いけないなと思いながら、本をとってしまう。
誘惑が多すぎる。どうして私の好きな本ばかりあるの?
文房具・万年筆・旅のコラージュ・岡本太郎・アラーキー・呪術・つげ義春
煩悩を振り払い、後ろ髪を引っ張られながら、店を後にする。

帰ったら、おっちゃんが焼き蕎麦を作ってくれていた。
お腹いっぱい食べたら眠くなっきて、
いっぱいお昼寝したらもう夕方になっていた。
# by mamepanapollo | 2005-04-03 15:49
朝、店に行くまでの時間絵を描く。
同じものを、失敗しては何度も繰り返し描く。
時間を忘れる。
なんとも、イメージするものを形にする事の難しい事よ・・
1つのものが出来あがるまでに、長い道のりがある事を
身をもって知る。

せっかく近づいたと思ったのに、また遠く離れて行く。
世の中とはこういうものなのかい?

夕方、空想エアメール展の打ち合わせ。
打ち合わせは早々に済んで、メンバーのマサヲ氏と斧氏で
よい店の法則について語り合う。
これが、結構楽しかった。
今回一緒にするマサヲ氏の洞察力のすごさ。
「すべての事に意味がなければいけない。」
なるほどなー。また勉強になった。

改めて、自分のやっていきたい方向性が少し見えてきた。
アポロに立って、アポロを通して感じ・思う
伝えたい、ささやかな事。
# by mamepanapollo | 2005-04-02 22:30
今日がエイプリルフールなんて事すっかり忘れてた。
お客さんに、まんまと騙される。
嘘も方便というが。

夕方、客足が止まる。
後はおっちゃんに店を任せ、早めに家に帰る。
チビを迎えに行くまでの間、ベランダで佇む。
風が4月の風になった。
春霞の中、夕日が沈んでいく。
いつもの情熱的なオレンジ色じゃなくて、ぼんやりとピンクがかったオレンジ色。
それは、線香花火の落ちる寸前の火みたい。
見ている私も、切なくなる、そんな色。
紙の上では到底出せない、はかなく、美しい色。

おんなじ頃、同じ気持ちで夕日を見ている人は、
この広い世界にどのくらい、いるんだろう?
# by mamepanapollo | 2005-04-01 18:15
3月最後の日は、ポカポカ陽気。
庭の小さな席が大活躍。街中を歩く人も多い。

アポロ通信完成。
楽しみにしてくれる人がいるというのは嬉しい事。
明日、コピーして店に並ぶ。

夕方、駅前に文房具を買いに自転車を飛ばす。
「ドロボー。」という叫び声に後ろを振り向くと、
おばちゃんが、おっちゃんに向かって
「とったやろ。」と、手から箱をとる。
洋菓子屋さんの店先に置いてあるお菓子を盗んだらしい。
恥ずかしそうに小さくなって早足で去るおっちゃん。
私は、始めてこんな光景を目にした。
ドロボーという声を聞いても、なぜか誰かが面白半分で言ってる
気がした。
おっちゃんは、単にお菓子が欲しかったのだろうか?
そんな事を思いながら自転車こいで店に戻ってきたら、
後ろからバイクに追突された。
スピードが出てなかったっから、怪我もなく自転車も無事だったけど、
バイクのおばちゃんは、目も合わさずに知らん顔して通りすぎて行った。
不思議と怒りはわいてこなかった。
でも、おっちゃんにしても、おばちゃんにしても
なんだかな、どうしたのさー。と思わされる事件だった。
# by mamepanapollo | 2005-03-31 21:47
朝から、おっちゃんが謝ってきた。
よって和やかに休日が始まった。

昨夜は、このまま遠くに逃亡しようかと少し真剣に思った。
しかし、それをする何か突き動かすものが無かった。
だから、ここに居る。
今の私の居場所。

でも、何処にいっても、どんな風にしても生きていける人になりたい。

みんなを部屋から追い出して部屋の掃除。
1週間でかなり埃がたまる。
心もたまには掃除して、風を通してやらないとね。
好い音楽を聴いて、珈琲を飲む。
青空の中洗濯物を干す。
昼頃友人と娘とインドカレーを食べに行く。
娘と一緒に戯れてくれる友人。

おっちゃんと合流して、彼が欲しいミシンを見に行く。
奈良女子大付近をうろうろ散歩。
楽しい散歩。
けずりたてのフワフワの鰹節を買う。
今夜の夕食に使おうと思って・・
# by mamepanapollo | 2005-03-30 17:12
明日は休日というのに、
夜、相方と喧嘩。
本当なら、休日前の一番楽しい時なのに・・・

昼間にお客さんに教えてもらった
「世に起こることを現象としてとらえると、楽になる」と、
これも現象・・・・・

寒い帰り道、
ジンジャーエールを買って帰る。
# by mamepanapollo | 2005-03-30 06:40
朝から雨。
今日の雨は好きだ。しっとりとすべてを潤してくれる。
それは良い音楽があるからかもしれない。
ジャック・ジョンソン昨日からこればかり。
蒼い海と波の感じが伝わってくる。
絶対の安心感。

昔見た映画で、サーファーのジェリー・ロペスが言っていた事を思い出す。

波の中は水が移動しているわけじゃなくて、エネルギーが動いている。
サファーは、そのエネルギーに乗り、そこで生きる。
サーフィンが教えてくれるのはハーモニー。
特に自分自身とのハーモニー。
自然との調和。
その調和の精神を日常に持ち帰る。
急ぐ必要は何も無い。

せっかくのんびりしているのに、もうすぐ4月なのに
アポロ通信の原稿・HP更新の原稿書きが進まない。

ジャック・ジョンソンを聞きながら自分自身との調和を図る。
急ぐ必要は何も無い。

雨の中、ひとり、また一人と訪れてくれる人達がある。
# by mamepanapollo | 2005-03-28 17:47