<   2008年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

a0033722_19421017.jpg

蕎麦喰ってます
大掃除はしてませんがゆららの湯へ行きました
気分爽快、肩こりも和らぎました

家人たちは歯磨きしながらお笑い番組を見ています
大晦日という実感がまだちょっと沸きませんが
あとちょっとで今年も終わっていきます

今年も良い年でした
本当に心からそう思える充実した楽しい年でした
お店に来て下さるお客さま
離れてても宅配を頼んでくれるお客さま
支えてくれる家族、友人、仲間たち
近所のおばちゃん、おっちゃん
パンの材料を作ってくださる方々
みんなのお陰あってこそのアポロです
本当に一年間、ありがとうございました

来年もアポロをどうぞよろしくお願いします

そして来年も日々の事、書いていきたいなと思ってます
アポロをやり心のうちを書くことは
いつしか私にとって私で在りつづける大切な事になっていました
見てくださる皆さまあってこそ
今年一年本当にありがとうございました
2009年もどうぞよろしくお願いします


アポロは明日10時から16時 元旦営業やってます!
 ぜひ遊びに来て下さいね

by mamepanapollo | 2008-12-31 20:08
年末  12月30日(火) 通常営業 (但し売り切れ次第終了します) 
     12月31日(水) お休み
年始   1月 1日(木) 短縮営業  10時から16時まで
      1月 2日(金) 短縮営業  10時から16時まで
      1月 3日(土) 短縮営業  10時から16時まで

冬休み 1月 4日(日)から1月 9日(金)まで      


今年と同様に来年もお正月営業します!
by mamepanapollo | 2008-12-31 19:37 | お知らせ
本当にたくさんのお客さんたちが来てくれた
2008年仕事収めの日

ここでお店ができて良かった
パン屋をやって良かった
みんなが来てくれて良かった
その事をいつもより強く感じた
by mamepanapollo | 2008-12-30 18:57
夜はいつもの仲間で忘年会
今年最後の営業日のあのお店

最後のデザートまで手抜きがない
本当に丁寧に作られた料理たち
美味しくてたまらない
いつもはお客さんで来てアホな事ばっかり言ってるスミちゃんの真剣な横顔
厨房から聞こえてくる中華なべをリズミカルに振る音
お腹の具合を聞きに来てくれるちょっとした心遣い

ここで忘年会ができてよかった
気のおけない大切な友人たちと
2008年の12月29日の夜を過す
a0033722_22145668.jpg

やればできる人が作る絶品デザート
早食いでゴメンよ、美味しい証拠!
a0033722_2215390.jpg

ある人が書いた自画像
似てるかな?

残すはあと一日
by mamepanapollo | 2008-12-29 22:11
今年最後のシュトーレンが出ていった
(予約分はちゃんとお取置きしていますので、ご安心を)

今年最後のウクレレ教室
タッパー先生がお歳暮をくれた
(こんなことされるとちょっと怖い、けど貰ったお菓子、食べてしまった~)

いろんな事が今年最後になっていく
あと年内の営業も29日と30日を残すばかり

ちょっとずつ疲れが溜まってきたのか
究極に背中が凝っている
ゆっくり温泉につかってそのあとマッサージされたいと心から思う
これも痛みがあってこそ感じる快楽

おっちゃんと昔タイに行った時
ワット・ポーという金ぴかの寺院の脇でやっているタイ式マッサージに入った
二人してマッサージを受けたのだけれど
私よりおっちゃんがずいぶんと先に終わっていた
聞くところによると
おっちゃんは体が凝ってないので、こそばくて仕方なかったそうだ
マッサージの人も凝ってないのが分かったらしく
やる気が失せたのかもしれない

ああ、プロの人にマッサージされたいと思う
ピンポイントで凝っているところをほぐされるあの気持ちよさ
痛くて気持ちいいという感じ

痛みの分からないおっちゃんに背中を押してもらうと
ピンポイントでツボを外してくる
そのもどかしさ
『ああ、そこじゃないねんな、そのすぐ横やねん。。。。』
by mamepanapollo | 2008-12-28 19:32
縄跳びとピアニカの練習が冬休みの宿題で出ているなっちゃん
お客さんが来ているときは恥ずかしいからピアニカは吹かないのだけど
今日、お客さんが来ている時に大きな音がビーーと出た
可笑しくて皆で笑う
後から聞くと『音、出えへんようにティッシュで空気のところ詰めたのに鳴ってん。』と
それを聞いてまた笑けた
小言言いながらも喧嘩しながらも
一緒に居れる時間は貴重だなと思った

先日来られた素敵なあの方の言葉が蘇る
『子育てが終わったら、あの頃の思い出だけで生きていけるのよ。』と
全てのことは、あっという間に過去になってしまうから
なっちゃんが今日書いた雪だるまの絵を見てウルウルする日が
私にもいつかきっとやって来るのだろう


ドイツ帰りのご夫婦が
クリスマスマーケットで買ってきてくれた可愛いお家
幸せいっぱいの顔で店に来てくれた
a0033722_19134822.jpg

シュトーレンの事もあって図書館でドイツのクリスマスマーケットの本を借りて読んでいたら
そのお土産がクリスマスマーケットのものだった
日常の中にこんな風にコッソリと隠れている感動に
なんだか嬉しくて嬉しくて胸が高鳴る


a0033722_19135520.jpg


帰りの空にはファルコンが飛んでるみたいで
冬の空は幻想的
今日も良かった

ファルコン=映画ネバーエンディングストーリーの中に出てくる龍みたいな生き物
by mamepanapollo | 2008-12-27 19:25
寒い朝
今日は本当に風が冷たい
自転車漕いでも体が温まらなかった

今年最後の発送作業を終える
遠く離れたお客様にちゃんとパンが届きますように

クリスマスが終わったとたんにお正月の空気が漂う
大和郡山の街は、そっちのほうが濃ゆくて
おばちゃんたちは三千代商店の餅と仏様のお花をを注文しにくる

まだ、なんとなく
なんとなくそんな気持ちについていけなくて
挨拶しながらも不思議な感じが何処かにある

おっちゃんは今年最後のシュトーレンを仕込んでいた
アーモンドとクルミと柚子とレーズンが混じった匂いがオーブンから漂ってくる
自分用に一つ欲しいと思っているのだけど
果してその願いは叶うのだろうか

ずっとしたいと思ってたこと
今年はギリギリ間に合った
思っててできる事と
思っててもできない事
by mamepanapollo | 2008-12-26 20:08
クリスマスな~
と思いながらもやっぱりこの人の喜ぶ顔が見たいのかも知れない
遠く離れた国で作られたもの
物を大切にして欲しい気持ちと
夢を広げて欲しい気持ちを込めて
a0033722_2111031.jpg

クリスマスの日はあいにくのお天気
どうかな?と思ってたけど
今日も楽しい人たちがたくさん来てくれる
仕事の合間にちょこっと食べるのが楽しみなプレゼント
優しいサンタさんから頂く

さすがクリスマス当日という感じでシュトーレンが無くなっていった
一人で6本買っていった青年に
『大丈夫か?』と訊ね
一日に2回買いに来て下さったお客さんが
『後味の柚子が良いねん。』と言ってくださる

いろんな方の待ち合わせがここであった
今日も良かった
そんな一日

a0033722_2127596.jpg


余韻
by mamepanapollo | 2008-12-25 21:35
クリスマス・イブ
こんなに笑って騒いで楽しかったクリスマスイブは初めてだと
帰りの車の中で余韻に浸る
笑いすぎてお腹の皮が痛い
美味しいものいっぱい食べてお腹がいっぱい
サンタさんからプレゼントされたような楽しい夜
明日寝坊しないようにタイマーセットして布団にもぐろう
by mamepanapollo | 2008-12-24 22:41
眩しいなと思って時計を見たら7時20分だった
『えっ、うそ。。。』
と目を見開いて間違いじゃ無い事を確かめたらすぐに布団を跳ね除け飛び起きる

メールチェックをして洗濯を干して
お握りを作って歯磨きして着替えて・・・
がんばったら朝の用意15分でできた
それからなっちゃんと自転車飛ばしてアポロまで
そんなバタバタな朝の始まり

用意してたら電話が鳴り始める
今日は祭日
クリスマス前
シュトーレンの予約がたくさん入る
その他のパンの予約も
間違えないように少し緊張しながら仕分けする

今日は朝から、昼から、お久しぶりのあの方、この方が来て下さる
忙しい時間をぬって来ようと思ってくれる気持ちが嬉しくてたまらない

そんな方々と少し早い年末の挨拶
まだちょっと実感が湧かないけど
『今年も一年本当にありがとうございました。』と
そう言葉に出しながら、本当に良い一年だったなと思う

夕方フジオちゃんから手渡されたBILLY TAYLORのCDを流す
ボリュームを大きくしてリンゴを剥いていたらおっちゃんが休憩から帰ってきた
『これ、めっちゃ良いねん。』と言うと
『ほんま。良いわ。』と
聞きながら、今度生まれ変わったらジャズピアニストになりたいなと思った
横でおっちゃんも『わしもミュージシャンになりたい。』と呟いている

この前のライブの余韻がまだ体に残っているからか・・・
音楽は素晴らしい!
by mamepanapollo | 2008-12-23 19:41